【2018年最新版】整体師がおすすめする快眠枕ランキング!

コウちゃん
肩こり・首こりがひどくて悩んでいた、元枕難民のコウちゃんです!

僕は、デスクワークをしているせいか肩こり・首こりがひどく、合う枕を探し求めて今まで10個以上の枕を試してきました。

今現在自宅にある枕だけでも、これだけの枕があります(笑)

ですが、自分に合う枕に出会ってからは肩こりや首こりがどんどん良くなって、朝も快適に起きられるようになったのです。

そこで、このサイトでは、柔道整復師で徳永接骨院院長を務める立林幸汰さん監修の元、枕選びのポイントを踏まえた上で、本当に快適に寝やすい枕をランキング形式で紹介していきます。

【2018年最新】快眠枕のおすすめ比較ランキング

※表は右にスライドできます→→→

快眠枕比較ランキング1位2位3位4位5位
商品名めりーさんの高反発枕YOKONE3エアウィーヴ
ピローS-LINE
トゥルースリーパー
セブンスピロー
六角脳枕
イメージ
価格(税抜)12,800円18,000円19,800円14,800円17,500円
素材高反発ウレタンリラックスウレタンエアファイバー低反発ウレタン低反発ウレタン
大きさ幅50cm×長さ30cm幅60cm×長さ45cm幅66cm×長さ40cm幅68cm×長さ90cm幅35cm×長さ50cm
高さ2~10cm9~12cm7~11cm8~11cm7cm
高さ調整あり(50段階)あり(4段階)あり(3段階)あり(3段階)なし
返金保証90日間14日間30日間60日間30日間
体験レポ体験レポはこちら体験レポはこちら体験レポはこちら体験レポはこちら体験レポはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちらアマゾンはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

快眠枕選びの3つのポイントとは?

枕は人それぞれ合う合わないがあり、自分に合った枕を選ぶ必要があります。

そのためには、まず最初に自分に合う快眠枕を選ぶための3つのポイントを抑える必要があります。

枕選びの3つのポイント
  1. 体格に合う“高さ”であること
  2. 頭が沈み込まない“硬さ”であること
  3. 自分に合う“素材”であること

それでは、以下で詳しく解説していきます。

ポイント① 体格に合う”高さ”であること

枕の選び方で最も重要なポイントは、枕の高さです。

一概に何㎝の高さがベストであるといった選び方ではなく、寝返りを問題なく打つことができ、快適に眠ることができる高さを選びます。

また、仰向け・横向き寝ではそれぞれベストな高さが違うので、自分の寝方に合わせて高さを合わせる必要があります。

仰向け寝の場合の枕の高さ

仰向けになったときの枕の高さは、枕と首の間に隙間ができず、しっかり密着している状態がベスト!

具体的な数字で表現すると、以下の傾斜になっていると良いです。

仰向け寝の場合のベストな高さ
  • 肩口から頭にかけての直線が、10~15度の傾斜
  • 鼻先から口先にかけての直線が、5度の傾斜(少しアゴを引いた状態)

枕が高すぎると、仰向けに寝た時にアゴが胸に近づき過ぎ、のどが詰まったような形になります。

逆に枕が低すぎると、アゴが天井に突き出すように上向き、頚椎の後方を圧迫して、神経痛を発症する恐れもあります。

仰向けに寝た時に肩の力が抜けない、朝起きたときに枕が外れている、枕のしたに手を入れる癖があるという方は、もしかしたら枕の高さが合っていないのかもしれません。

枕の高さは体格によっても変わるので、高さ調整ができる枕を選ぶことをおすすめします。

横向き寝の場合の枕の高さ

枕の高さを横向き寝で考えた場合、背骨から頭までのラインが一直線になっている高さがベストです。

横向き寝の場合は肩幅の大きさが枕の高さになるため、仰向け寝よりも枕の高さは高くなります。

横向きで寝た時の枕の高さがあっていないと、肩がつぶれてしまったり、首が変な方向に曲がってしまったりします。

それをきっかけに肩こりや首こりの原因になりますので、横向き寝の場合でもしっかりと枕の高さを合わせる必要があります。

ポイント② 頭が沈み込まない”硬さ”であること

枕の選び方においては、硬さも非常に重要な要素です。

寝た時の好みはもちろん大切ですが、枕が柔らかすぎると理想の高さを保つことができませんし、枕が変形して寝返りが打ちにくくなってしまいます。

睡眠中に寝がえりをうつことによって体の微妙な歪みを調整していますし、寝た状態であっても同じ姿勢を長時間続けることは、体にとってかなりの負担を与えます。

たくさん寝ても、寝返りが出来ていなければ、体はしっかり回復できていないのです。

どれくらいの硬さがベスト?

枕の硬さで重視するのは、頭が沈み込まないこと。

フワフワで柔らかい枕は、確かに寝た瞬間は包み込まれて気持ちが良いですが、支える力が無さすぎると自然な寝返りが打てません。

寝ているときには、ある程度枕の反発力がないと寝返りがしにくくなってしまいます。寝返りが打てないと、寝ている間中ずっと背骨の同じ場所に圧がかかって負担が集中し続け、首から腰までの筋肉が緊張してしまいます。

朝起きた瞬間に首が痛い、または腰が痛い、体が重いという方は、もしかしたら枕の硬さが合っていなくて寝返りが打てていないのかもしれません。

特に、体格の良い方は、枕の反発力も高くないと頭が沈み込んでしまい、睡眠の質を下げてしまいます。

ポイント③ 自分に合う”素材”であること

枕の選び方で意外と見落としがちなのが、自分に合う素材であるかどうか。

枕の素材の特徴について、一覧でまとめました。

枕の素材は合う合わないもありますが、高反発ウレタンや高反発ファイバーなど、構造的に一つ一つの目が粗く、通気性の確保しやすい高反発素材がおすすめです。

高反発枕は、頭をしっかり支えられるフィット感があり、寝返りもしやすく、繰り返し使っていても比較的へたりにくい素材です。

枕の選ぶ3つのポイントを踏まえた上で、おすすめの枕を詳しく紹介していきます。

【2018年最新版】快眠枕ランキング

【1位】めりーさんの高反発枕

価格(税抜) 12,800円
大きさ 幅50cm×長さ30cm
高さ 2~10cm
高さ調整 ◎(50段階で可能)
素材 高反発ウレタンフォーム
返金保証 90日間

めりーさんの高反発枕は、高反発枕なのでしっかりと頭を支えてくれますし、首のカーブに合わせた形状になっているため、首にピッタリ密着して首をしっかり支えてくれます。

なので、首の負担を軽くしてくれるので、首こり・肩こりの解消に繋がりますよ

さらに、めりーさんの高反発枕の1番良いところは、大小合わせて6種類の高さ調整シートがあるため、最大50通りもの高さ調整をすることができるところ。

枕を選ぶ際には、高さを合わせることが最も重要で、これだけ細かく高さ調整ができる枕は他にはありません。

僕もめりーさんの高反発枕で、しっかりと自分に合う枕の高さにしてから、首こり・肩こりがかなり良くなりましたよ。

こんな人におすすめ
  • 首こり・肩こりに悩んでいる人
  • 仰向けで快適に眠りたい人
  • 朝起きた時に首の違和感を感じてる人
  • 枕の高さが合わずに悩んでいる人

【2位】横向き寝専用枕『YOKONE3』

価格(税抜) 18,000
大きさ 幅60cm×長さ45cm
高さ 9~12センチ
高さ調整 あり(4段階)
素材 リラックスウレタン素材
返金保証 14日間(2週間)

横向き寝なら横向き寝専用枕の『YOKONE3』がおすすめ!

YOKONE3は、横向きで寝やすい高さと形で枕が設計されているため、しっかりと頭と首を支えてくれます。

さらに、YOKONE3は3枚の高さ調整シートが入っているため、4段階の高さに調整することができます。

170センチ男性の僕は高さ調整をしない12センチでちょうど良いですが、153センチ女性の妻は11センチがちょうど良いと言っていました。

横向き寝派の妻は、YOKONE3をずっと愛用していますよ。

こんな人におすすめ
  • 横向き寝メインで寝たい人
  • ストレートネックの人
  • いびきがひどい人
  • 腰痛がひどくて仰向けで寝れない人
  • 妊婦の女性で仰向けで寝れない人

【3位】エアウィーヴ ピロー S-LINE

価格(税抜) 19,800円
大きさ 幅66センチ×長さ40センチ
高さ 7~11センチ
高さ調整 あり(3段階)
素材 エアファイバー(高反発)
返金保証 30日間

エアウィーヴ枕は、高反発素材の『エアファイバー』という特殊な素材を使っています。

エアファイバーは柔らかい針金のような素材で、高反発ウレタンよりも反発力が強めです。

エアウィーヴ枕の良いところは、通気性が良く水洗いができるということ。

ただ気になるところは、首とマットレスの間にスキマができてしまい、首に負担がかかってしまうこと。

高反発枕で水洗いができるということで、汗臭さが気になる人にはおすすめできる枕です。

こんな人におすすめ
  • 枕の匂いが気になる人
  • 枕の汗臭さが気になる人
  • 高さが高く、硬い枕が好きな人

【4位】トゥルースリーパー セブンスピロー

価格(税抜) 14,800円
大きさ ・シングル:縦68センチ×横90センチ
・ダブル:縦68センチ×横140センチ
高さ 8~11センチ
高さ調整 あり(3段階)
素材 低反発ウレタン
返金保証 60日間

トゥルースリーパーセブンスピローは、とにかく大きさがデカく、普通の枕とは形が違い、腰付近から頭まで包み込むような設計になっています。

腰から頭までが一体になっているので、首付近がゆるやかなカーブを描いていて、しっかりと首にフィットしてくれます。

そして、低反発ウレタンを使っているので、首から頭までをしっかりと包み込んでくれます。

ただ低反発枕ですので、眠る瞬間は気持ちいい反面、頭が沈み込んでしまうため寝返りが打ちにくいです。

ですので、仰向けで柔らかい枕が好きな人にはおすすめな枕です。

こんな人におすすめ
  • 仰向けで寝る人
  • 柔らかい枕が好きな人
  • 1人で寝てる人(場所を取るため)

【5位】六角脳枕

価格(税抜) 17,500円
大きさ 35センチ×50センチ
高さ 7センチ
高さ調整 なし
素材 低反発ウレタン
返金保証 30日間

六角脳枕の特徴は、凹凸構造で寝返りを打ちやすくしてること。

凹凸構造にすることで、入眠した後に自然と寝返りを打てるような設計になっています。

また、枕の端っこが高くなっているため、高さがあっていれば横向きにでもちょうど良い高さになります。

ただ、デメリットとしては高さ調整ができません。

ですので、高さがあっていれば良いのですが、高さが合わせられない分、合わなければ使えないリスクもあります。