【評判検証】浅田真央愛用のエアウィーヴピロー S-LINEの口コミをまとめてみた!

コウちゃん
元枕難民のコウちゃんです!

浅田真央選手のCMでよく見かけるエアウィーヴ。

エアウィーヴはマットレスはもちろん、マットレスと同じ素材で枕を多く取り揃えています。

僕も浅田真央選手のCMにつられて、エアウィーヴ枕を試した1人であります(笑)

今回は、そんなエアウィーヴ枕の中でも1番人気がある『エアウィーヴピロー S-LINE』はどんな評判なのか、楽天・Amazonの良い口コミから悪い口コミまでまとめてみました!

最後に、メリットデメリットをまとめて、本当なのかどうかを検証していきます!

良い口コミ

①夜目が覚めない!(50代 女性)

今まで、枕が合わず様々な枕を購入しましたが、これが一番いいです。
今までは、寝返りしたことを朝覚えているのですが、この枕にしてから、夜寝ると、朝になっている。全く目が覚めない!

私は、一番低くして使っていますが、中のマットを足に敷いたらとても暖かく、背中に敷いたら、寝返りがしやすい。今度、マットレスも買おうかと思っています。そもそも、マットレスを買う前に試しに枕を買ってみたのですから・・・・

やはり、枕が合っているとグッスリ眠れます。
高さ調整シートを足に引くという発想はありませんでした!
確かに、同じ素材でマットレスも販売しているし、足元に敷くのも良いかもしれません。

②新感覚の枕!(40代 女性)

Sラインは大きめですので枕カバーはサイズを調べて買わないといけません。
エアウィ―ヴピローより若干しっかりしていますが高さ調節などは同じです。

低反発とは違うこの感触は実際体験しないと伝わりにくいかも。
枕ではお値段の良いものを数々試しましたが、これは全くどれにもあてはまらない新感覚でとてもお勧めです。

他の低反発枕や高反発枕とは素材が特殊なので、確かに新感覚です。
感覚としては柔らかいバネって感じです。
どっちかというと高反発枕ですが、よりハネる感じがする枕ですね。

③枕の弾力性がある!

高反発の枕です。
低反発枕や蕎麦殻枕が頭を固定させる枕であるのに対して、これは弾力性をもって頭を浮かせるといった感覚になります。
最初頭を載せた際違和感がありましたが、起床後の熟睡感は良く、自分に合っています。
スマホアプリでの睡眠深度測定値も良くなりました。

また、高さ調整用に2枚の中間材が添付されていますが、本品のみでは短手方向に高さの調整が難しいです。
私は首を少し高めにし、後頭部を少し落とした状態が好みですが、今は布団からこの枕を半分落とした状態にして高さを合わせています。
中に手頃な芯材を入れてカスタマイズしようと考えています。

高反発枕が合う人には好評ですね!!

④通気性が良い!

通気性の良さはピカイチです うつ伏せで呼吸が出来たのは初めてでした。
夏が楽しみです。
硬くもなく柔らかくもない感じの枕だと感じていますが、カバーは必要だと思いました。

エアウィーヴ枕の良いところとして、通気性もあります。
エアファーバー素材という素材を使っていますので、高反発枕でよく使われるウレタンフォームと違って、枕にスキマがあります。
僕はうつ伏せでは寝ませんが、確かに通気性が良ければうつ伏せでも呼吸ができますね。

⑤枕が洗える!

ずっとパイプ枕を使用してきたので眠れるか不安でしたが、全く違和感なく寝ていました。
大きいかなと感じましたが問題なさそうです。
そば殻やパイプと違い中身も洗えるので、頭から大量に汗をかく私には清潔に保ててありがたいです。

さらに、枕を洗えると言うのもメリットの1つ。

最近人気のウレタンフォームを使った低反発枕&高反発枕は基本的には洗えません。

ですが、エアウィーヴの場合は本体を洗うこともできるので、汗が気になる人にはおすすめですね。

悪い口コミ

①変な音がする

頭を動かすと変な音がする。
硬くて首が疲れる。

バネのような素材なので、頭を載せると『ギコギコッ』という音がします。
慣れれば問題ないですが、確かに最初は気になるかもしれません。

②2ヶ月くらいでへたってくる

2ヶ月ぐらいでへたってきて枕使わないで寝てるのと一緒になる。

ちなみにエアウィーヴのマットの方はへたらないし寝心地はすごく良かったけど枕は使う意味ない無くても一緒!

長期間使っているとへタってくるという意見も多いですね。
元々硬めの枕なので、余計へたりを感じるのかもしれません。

③首の頸部が空間になってしまう

軽度の頸部椎間板ヘルニアがあるせいか、高い枕は苦手で、ずっとパスタオルで寝ていたのですが、最近深く寝ることができなくなり、勢いでこの枕をネットで買いました。

S-lineのマットレスがとてもよかったので、期待していたのですが、残念…のひとこと。
後頭部が高すぎ、一番支えてほしい頸部はただの空間になってしまい、私には合いませんでした。

やはりきちんと自分の首に合ったものを見つけるのは大変でだけど、とても大切ですね。

エアウィーヴの枕は、良くも悪くも形自体は普通の枕です。
なので、どうしても首とマットレスの間に空間が生まれてしまいます。
そうなると、首に負担がかかりやすいと言えますね。

『めりーさんの高反発枕』であれば、首に沿った形になっているので、その点楽に寝ることができますよ。

④枕が硬くて合わない

長年テンピュールの枕を使用していました。
かなりへたった様で頭の沈みが早くなり、朝起きた時に肩こりを感じる様になりました。
日中の頭痛もかなりの頻度で起こる様になり、寝具を一通り変えてみることにしました。

四季布団というエアウィーブの敷きマット、これがかなり自分には合ったので、枕も同じエアウィーブが良かろうと、売り場で説明を聞きながらも即決購入。
しかし、もう硬くて硬くて、毎朝これまでにない頭痛で目が覚める。
横向いて寝た時には、耳に血が流れてないかのように、もう痛くてたまらない。
深い位置に頭を乗せると、肩に当たることでどんどん上の方へとずれていく。寝返り打てば余計にずれて、夜中に目が覚めて何度となく枕位置を直す…。

枕の硬さは人によるのですが、合わない人は硬いと感じる人もいます。
もし硬いと感じていたら、低反発枕などの比較的に柔らかい枕に変えてみると良いです。

エアウィーヴピロー S-LINEの口コミを検証!

メリット① 弾力性があるから頭を支えてくれる

エアウィーヴピロー S-LINEは、どちらかというと高反発枕で、硬めの枕です。

他の枕と比べても、反発性が高いのでしっかりと頭を支えてくれます。

ただ、柔らかめが好きな人には硬くて合わないかもしれません。

柔らかめが好きな人は、低反発素材を使っている『トゥルースリーパーセブンスピロー』がおすすめです。

メリット② 通気性が良い&洗える

さらに、他の高反発枕にはないメリットとしては、通気性が良く、しかも洗えるというところ。

その理由は、エアウィーヴは『エアファイバー』という特殊な素材を使っているからです。

エアファイバーは、以下のようなポリエチレン製の繊維を網目状に編むようになっています。

洗濯機では洗えませんが、シャワーなどで流したりすれば、匂いなども取ることができますよ。

メリット③ 高さ調整ができる

さらに、エアウィーヴの枕は、高さ調整することができます。

枕選びでは高さをしっかり自分に合う高さに合わせることが重要ですので、高さ調整できる枕を選ぶのは必須と言えます。

エアウィーヴピロー S-LINEの基本的な高さは10センチですので、比較的高めの枕です。

その中に、約2センチの高さ調整シート(シートコア)が入っていますので、6センチ~10センチの間で調整することができます。

デメリット① 首とマットレスのスキマができる

エアウィーヴピロー S-LINEは、特殊な形をしているわけではなくて、見た目は普通の形の枕です。

ですので、普通に枕に頭を置くと、首とマットレスの間にスキマが出来てしまいます。

すると、首の部分に負担がかかってしまい、首こり・肩こりの原因になってしまいます。

なので、首こり・肩こりに悩んでいるのであれば、あまりおすすめできません。

デメリット② 値段が高い

枕は高くても1万円~2万円で購入できる枕が多いですが、エアウィーヴピロー S-LINEは2万円を超えてしまいます。

1万円台でも、寝やすい高反発枕はありますので、まずは他の枕を試してから特殊な素材を使っているエアウィーヴを試してみても良いと思います。

個人的には、1万円台の高反発枕で、50通りの高さ調整ができる『めりーさんの高反発枕』がおすすめですよ。

【口コミ】高反発まくらモットンの体験レビュー!5カ月使った感想は?(旧:めりーさんの高反発枕)

2018年12月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です